研究会 RA infomation

RA Meeting

第2回 リサーチアドミニストレーション研究会

2010/12/7更新

時間:平成22年11月21日(日)13:30-18:00

場所:青海フロンティアビル2F会議室2,3

 

第2回RA研究会の目的:

第1回RA研究会では,各大学におけるリサーチアドミニストレーション業務を行っている実務者から,実際の業務内容についてご紹介いただき,リサーチアドミニストレーションとは何か?という話題を提供した。第2回RA研究会では,所属や立場の異なる人たちが,RAに関するテーマ毎に意見交換を行い,リサーチアドミニストレーションとは何か?について考える場を提供するとともに,RAの業務やキャリアパスの展望等についてディスカッションを行い,意見交換の場を提供する。

プログラム

13:30 開会 研究会趣旨説明
13:35 文部科学省 研究振興局 研究環境・産業連携課技術移転推進室 山崎淳一郎氏による講演
13:55 質疑応答
14:00 本年度 米国NCURA参加報告 金沢大学 博士研究員 稲垣 美幸
14:15 質疑応答
14:20 グループディスカッション
分科会Ⅰ テーマ:リサーチアドミニストレーター職確立のためには。
(育成方法・教育プログラム、資格化の可能性)
2グループ10人ずつに分かれて同一テーマをディスカッション

アドバイザー JST高橋宏 先生、文科省 山崎淳一郎氏
分科会Ⅱ テーマ:リサーチアドミニストレーターは、どのように研究推進・産学連携を進めていけばよいか。
               ~従来の研究・産学連携支援から次のステップへ~
(モデル的取り組み、失敗例、課題、今後必要とされる新しいリサーチアドミニストレーターの役割など)
  2グループ10人ずつに分かれて同一テーマをディスカッション
  アドバイザー 大阪大学 池田雅夫 先生
15:30 ディスカッションまとめ
16:00 全体会 
(各グループで、ディスカッション内容をまとめ発表してもらう。ホワイトボードかpptファイル)
各グループ15分発表・質疑応答10分(25分の持ち時間)
17:40 全体討論
18:00 閉会
19:00 懇親会

* 分科会の進め方:

  1. グループリーダーなどから、5分~7分程度で、参考資料やモデル的な取り組みの紹介を行う。
  2. 文科会での議題をいくつか紹介する。
  3. 各議題についてのディスカッション。各参加者の経験談などもこの時に話してもらう。
  4. 各議題に関しての出た意見をまとめる(統一的見解を出すという意味ではない)。

 

◯ディスカッション

 テーマ1: リサーチアドミニストレーター職確立のためには。・・・育成方法・教育プログラム、資格化の可能性

 テーマ2:リサーチアドミニストレーターは、どのように研究推進・産学連携を進めていけばよいか。
    ~従来の研究・産学連携支援から次のステップへ~
…モデル的取り組み、失敗例、課題、今後必要とされる新しいリサーチアドミニストレーターの役割など

◯全体ディスカッション…各テーマのディスカッションで出た意見の報告後,全体で各テーマについてディスカッションを行います。

◯懇親会…情報交換と親睦を深めましょう

 

今回は、総勢 66名の参加者がありました。 ありがとうございました。

○ 報告 new!

ディスカッションまとめ

アンケートまとめ